ペット肖像画を水彩画で描く

水彩画でペット肖像画を描く

ペット肖像画 水彩画
A5サイズ
  ペット肖像画 水彩画
ポストカードサイズ
 
     
ペット肖像画 水彩画
A5サイズ
  ペット肖像画 水彩画
ポストカードサイズ
 
     
ペット肖像画 水彩画
A5サイズ
  ペット肖像画 水彩画
A5サイズ
 

水彩画とは水溶性の絵具を水で溶いて紙面に彩色する方法で描かれたものを指します。その歴史は古く、ルネサンスの頃から存在していた画法です。元は写生や下絵を描くための画法でしたが、18~19世紀頃にイギリスで発展を遂げ現在のような作品としての水彩画が生まれました。ペット肖像画 アトリエファミーユで扱っている絵具と厳密な種類は異なりますが水彩絵具は学校教育の場でも広く使われている画材なので、ファミーユで取り扱っている画法の中でも、最も一般的に馴染みのある画法であるかもしれません。 また、透明水彩絵具には白色の絵具がなく、基本的には水彩画では白は使いません。そのため出来上がりは濁りのない透明感のある作品に仕上がります。また、水彩画は狭義には透明絵具を使用して描いたもののみを指すのですが、ペット肖像画 アトリエファミーユでは製作者によっては透明水彩絵具の他にアクリルガッシュなどの不透明絵具も使用することがあります。透明水彩と不透明水彩では仕上がりの印象に幾らかの差が出ますので、各製作者による詳しい使用画材については各製作者の紹介ページやお問い合わせなどでご確認ください。

制作手順

水彩画では、特に見慣れない画材や技法は出てきません。制作手順としては、まず鉛筆で下書きをします。鉛筆の線が濃いと水彩で色を乗せたときに目立ってしまうことがあるので、あまり濃くなりすぎないように必要最低限の線で描くように心掛けます。そこからその下書きを元に大きめの筆を使って大まかな色付け・下塗りをします。一度に濃く塗ることはせず丁寧に何度も色を重ねていきます。そして細い筆を使って徐々に毛などの細かい部分の繊細な質感を表現していきます。
筆の種類によって、細かなタッチから大きなタッチまで幅広い表現が可能です。現代の絵具は耐久性にも優れているので日光による色褪せなどもそれほど過度ではありません。透明水彩絵具を使うと、他の画法より比較的透明感のある作品へと仕上がりますので、そういった作品がご希望の方にオススメできます。

水彩画が得意なアーティスト

お問合せ   ご注文
アトリエ ファミーユ
東京都世田谷区代田2-30-11
営業時間:10:00 - 18:00
定休日:日曜・祭日
電話:03-3487-1397

ペット肖像画 アトリエ ファミーユ facebook
随時更新中!